ニキビ・ニキビ痕

ニキビの原因

にきびは、皮脂(皮膚のあぶら)の分泌が多いことと毛穴の先が詰まることで、毛穴の中に皮脂がたまることで始まります。

毛穴のつまり

にきびは毛穴がつまることから始まります。

なんで毛穴つまりがおこるのでしょう?

皮膚のバリアを壊すような、毛穴パックやスクラブ化粧品を使用していませんか?
毛穴をつめるようなファンデーション、リキッドファンデーションを使用していませんか?

油性の汚れは、ニキビ菌が増える原因となります。
ファンデーションのナノ粒子は毛穴に入り込み、毛穴の出口をつめる原因となります。
当院ではニキビ肌を作らせない、肌にやさしく毎日安心して使えるお化粧品をおすすめしております。

ニキビの種類

1.白・黒ニキビ

毛穴がつまり、皮脂が排出されない状態です。

つまりが目に見えるようになると comedoとよばれる白ニキビや、表面が酸化した黒ニキビになります。

2.赤・黄のニキビ

出口がつまると、皮脂腺からでた皮脂が内部にたまり、ニキビ菌が増殖して炎症をおこし赤くはれて赤にきびとなります。膿がたまると黄ニキビになります。

3.ニキビ痕

赤ニキビや黄ニキビになったものは、炎症の後の赤みが残ったり、陥凹したニキビ痕になって治ります。

※大人ニキビでは、ストレスや睡眠不足、生活の不規則、不適切なスキンケア、乾燥肌も原因となります。 生理前の悪化や、ホルモン異常に伴うこともあります。

ニキビの治療について

ニキビの治療は大きくわけて4つあります

  1. 悪化原因の見直し→ニキビを悪化させるスキンケアの中止や生理不順のある方ではホルモンバランスのチェック
  2. できてしまったニキビを早く治す治療
  3. ニキビをできにくくする予防
  4. ニキビ痕の治療

ニキビの保険治療

塗り薬による治療

ニキビの元を改善する外用薬(べピオゲル、デュアックゲル、ディフェリンゲル)やニキビ菌にきく抗生物質のはいったお薬を外用します。
使用方法にはコツがありますので、ニキビ診療経験豊富な当院でご相談ください。

飲み薬による治療

塗り薬のサポートとして、ビタミン剤の内服、漢方の内服、抗生剤の内服などがあります。症状とタイプにより外用や内服薬の種類を変えて治療を行います。

ニキビの自費治療

保険内の治療だけでは改善が悪い場合、早く治したい場合などは、自費の治療も行っております。

ピーリング

毛穴つまりをとりのぞくことで、ニキビを改善しニキビのできにくい肌をつくります。
月1回を5~6回程度、イオン導入と併せて行うと効果的です。

ピーリングについて詳しくはこちら>>

イオン導入

皮脂の分泌の抑制、美白効果のあるビタミンCや、抗酸化作用の強いビタミンAなどをイオン導入することで、ニキビ痕の色素沈着や赤みをきたしにくくし、ニキビのできにくい肌を整えます。

イオン導入について詳しくはこちら>>

スキンケア指導

大人にきびでは、間違ったスキンケアや、お化粧品の使い方でニキビの原因を作っていることが多くみられます。
当院では、毛穴をつまらせない、スタッフからニキビ肌を悪くしない、スキンケアをご紹介しています。

当院のスキンケア指導について詳しくはこちら>>

フォトRF治療

お肌全体に優しい光を当てることで、ニキビ痕の赤みや、毛穴をひきしめるため、赤みの強いニキビ痕がきになる方に効果があります。

ピコレーザーフラクショナル(瘢痕治療)

最新のピコレーザーをフラクショナル照射(点状にあてる)ことで、コラーゲンを増やし、陥凹した瘢痕をなだらかにしていく治療です。
毛穴を引き締める効果も高く、お顔全体の肌質改善、美肌効果が高いのが特徴です。
ニキビ痕のスポット強力フラクショナル照射では、1週間程度赤みが強くのこります。(お化粧可能)

ピコレーザーフラクショナル治療について詳しくはこちら>>

ホルモン治療

生理不順のあるニキビの方では産婦人科と連携して検査・治療も行っております。

低用量ピルについてはこちら>>

ニキビ治療はニキビ治療経験豊富な皮膚科専門医に!

自費診療料金表はこちら>>

自費診察の受診の仕方はこちら>>

インターネット・スマートフォンからの予約はこちら>>