しみ・くすみ・肝斑

当院ではお肌全体をきれいにする治療にこだわった「美肌カスタマイズ治療」を中心とした治療をおこなっています。
しみ・くすみがなく、透明感ある素肌をめざします。

しみに種類があることご存知ですか

老人性色素斑とは?

こめかみや頬に、境界明瞭、大きさや形もさまざまで、できる茶色のしみです。30代からみられます。

老人性色素斑

そばかすとは?

1mm~数mm大の小さな茶色いシミが両頬、下眼瞼、鼻根部に出現します。学童期~思春期から出現します。

そばかす

肝斑とは?

主に30~40代からみられるシミで、両方の頬に同じようにもやもや境界がはっきりしないしみです。ほかのシミと混在することがとても多く、むやみなレーザー治療は逆に症状を悪化させる可能性があります。

肝斑

ADMとは?

多くは20歳以上に両側に灰色~暗い色調を生じます。
あざの一種で、レーザー治療以外 は効果がありません。

ADM

当院ではお悩みのシミがどのしみか正確に診断をして、最適な順番で治療していく、オリジナルカスタマイズ診療をおこなっています。

あなたのシミのバリエーションはなんですか?

あなたのお顔はどのタイプですか?その方によって、シミのできかた、程度はことなります。
また、その方々がもつバリエーションにより、適切な治療法や、治療すべき順序が異なります。一つの治療だけではすべてのお悩みはなくなりません。

私たち日本人の肌は様々なシミが混在する方がほとんどです。
1つのシミをとっても、光老化したお肌は、次から次へとシミをつくります。
シミの種類やバリエーションによっては、すぐに強いレーザーを行うことは適していません。
当院では、シミやお肌、レーザーを熟知した皮膚科専門医が、シミ1つの治療、ではなく、『シミを改善しつつ、しみのできにくい若々しい素肌をつくる治療』を行っています。
レーザーや光治療の効果を熟知した医師が、あなたの肌に最適な組み合わせで治療していくことで、最短で、最大限の効果がえられます。隠す肌から“自信をもった素肌へ” 当院のみのオリジナルコンビネーション治療に是非ご相談ください。

シミできるメカニズム・お肌の光老化のメカニズム

紫外線には、UVAとUVBという種類があり、波長がながいほど皮膚の奥にはいりこみます。
表皮はUVBの影響でメラノサイトが紫外線を吸収するメラニンという黒い色素を作り、周りの細胞にわたして肌をまもろうとします 真皮では、コラーゲンとエラスチン(弾性繊維)がはりめぐらされ、ピンとはったお肌をたもちますが、UVAをあびているとコラーゲンやエラスチンが変性して支えを失い、しわ・たるみが生じます。

年齢によるターンオーバーの低下や、お肌にあわないスキンケアによるバリア機能の低下も原因に!

当院では、スキンケアがお肌にあっているか、丁寧にお肌をマイクロスコープで観察した上での診療をおこなっております。